ニュージーランド 観光  おすすめスポット


Profile

ニュージーランド 観光

Author:ニュージーランド 観光
Welcome to FC2!



Latest journals



Latest comments



Latest trackbacks



Monthly archive



Category



Search form



Display RSS link.



Link

add link



Friend request form

Want to be friends with this user.



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミルフォードサウンド


ミルフォード・サウンドはタスマン海から15キロ内陸まで続いており、1200メートル以上の断崖絶壁に囲まれている。鬱蒼と茂った多雨林がその絶壁に生えている一方で、そのしたの海中にはアザラシ、ペンギン、イルカなどが頻繁に出現する場所です。
ミルフォード・サウンドは、年間7000-8000mmもの降水量があり、本当によく雨が降る地域です。
そのため、ミルフォードで、よく降った雨がたちまち岩山のあちこちで滝となって、流れ落ちている風景をよく見る事できます。


この自然の美しさに引かれて、毎日何千人もの観光客が訪れるところです。。


ここに行くには、車、バスでクイーンズタウンから5時間30分。
飛行機、ヘリコプターを使えば、クイーンズタウンから約1時間でミルフオードに行けます。
また、テ・アナウから、行く場合、車で2時間30分で到着します。

mil1.jpg



ミルフォードサウンドで、3社ほど、ツアーを催行していますが、一番有名なリアルジャーニーには、ネイチャー・クルーズというゆっくりクルージングするタイプで、所要時間:2時間30分、 ゆとりのあるスケジュールで臨機応変にハイライトを紹介してます。
もう一つは、ミルフォード・サウンド シーニック・クルーズというタイプで.、時間が、少し短く、所要時間が1時間40分です。船内のアナウンスは英語のほか日本語、中国語、韓国語とあります。
   ここでランチは、日本食のお弁当(これが値段的に一番高い)、それからピクニックランチ、あるいは、ビュッフェという選択があります。このクルーズで、かなりの確立で、日向ぼっこしているアザラシもや群れをなして泳いでいるイルカも見る事ができます。



`







ベイオブアイランド




ベイ・オブ・アイランドといえば、北島のなかで最もドルフインツアーで有名な所です。
ここに行くには、オークランドより車で約4時間半くらいかかります。パイヒアと呼ばれる町が、メインのベイオブアイランドの場所の名前でそこを起点に数々の現地ツアーがでています。

以下にいくつかの人気のあるツアーを紹介します。



ドルフィン・アドベンチャー
http://www.dolphincruises.co.nz/

小型高速ボートで近海をクルーズし、イルカたちを近くから観察するアドベンチャーツアーです。
(夏場は一緒に泳ぐ事も可能です)




ホールインザロック
http://www.dolphincruises.co.nz/
大型の高速ボートに乗り海に浮かぶ岩場に大きく開いた穴をくぐり抜けるアドベンチャーツアーです。



釣り

ベイオブアイランドでは、天然の鯛、ヒラマサ、そして巨大なカジキ鮪などここで釣る事ができます。興味のある方は、挑戦してみてください。幾つか釣りができる会社があるのでこちらで確認してください。
http://www.bay-of-islands.co.nz/fishing.htm



昔の首都、ラッセルに行くツアー

パイヒアより船で15分程でラッセルに着きます。

http://www.dolphincruises.co.nz/visitor-information/ferry-timetable/

パイヒアからラッセルまでフェリーで往復で$12かかります。




ベイオブアイランドでカヤックを借りる事ができます。
http://www.baybeachhire.co.nz/



英語が多少できるならいろいろな国の人と話す事ができるので、こちらのデイナークルージングがおすすめです。
http://www.dinnercruise.co.nz/

マオリ人とワイタンギ条約が結ばれた場所に興味がある方はThe Waitangi Treaty Grounds
http://www.waitangi.org.nz/


長距離バス

http://www.greatsights.co.nz/new-zealand-tour-destinations/bay-of-islands/

http://www.scenicpacific.co.nz/pt_ih_tours/bay-of-islands-cape-brett-and-hole-in-the-rock

http://www.kiwiexperience.com

レタカー会社budget/Thrifty 




ホビット村 ロードオブザリング




オークランドから、車で、約2時間、そこには、あのアカデミー賞を取った、ロードオ

ブザリングのロケ地でも使われたホビット村が、あります。

ここの場所は、マタマタという場所で、競馬で、使われる馬のトレーニングや、酪農

が、中心の小さな町です。

hobitonx5.jpg








ここに行くには、

長距離バス(シニックツアーズ //inter city  

レタカー会社 budgetThrifty  などの方法があります。

このホビット村のロケ地ツアーはマタマタというタウンのインフォメーションセンターから毎日、ツアーバスが、出でいます。




ただし、もしも、、自分達で、レンタカー等で行かれる場合は、直接、ロケ地の近くのオーナー<アレクサンドルス>が経営するのカフエまで、直接、行くことができます。



hobitospa.jpg


ホビット村を見学した後は、ここで、ゆっくりとしてください。ここでは、飲み物持込が、可能で、しか

もプライベートの温泉です。($7)


 



ホビット村に関して

このホビットのロケ地ツアーに参加される方は、もう一度。映画をみられた方が、いいです。
特にロードオブザリング1の一番最初のホビット村の場面は、何度も見てもらいたい。なぜならそうすれば、だいぶ、どこで、撮影されたものか、想像できるからだ。
逆に一度も映画を見ていないと、、ガイドが言っているのか良く分からないと思います。
ガイドもツアー客がそのシーンを知っている事を前提で解説しています。

さて、このホビット村だが大変ラッキーな経緯がある。普通ならばロケが終わると、著作権の問題があって、跡形も無く撤収されるわけだが撤収の途中で、雨が降ってきて撤収を途中で止めてしまった。そして、その間に、映画が、世界中で、公開され、どういう経由で、知ったのかわかならいんが、ファンが、この私有地(ホビット村)を訪れるようになった。そこの私有地のオーナーは、アレクサンドルスさんというのだか、最初は、せっかく、海外からはるばる訪れるならとそのロケ地をガイドされていたが、その数が、どんどん、増えていくので、それを解決するために、ホビトンムービーセット&ファームツアーという、ガイド会社を設立したというわけです。もし撤収中に雨が降らなかったら、これほどまでに有名なロケ地にならなかった事でしょう。

 





オークランド



オークランド

 

ヨットの街(帆の街)オークランドといわれるように、オークランドの海岸沿い、特に、ウエスト・ヘブン・マリーナには、本当にたくさんのヨットが停泊している。(ちなみにここのヨットハーバーにヨットを止める場合、小さなヨットで、月5万円くらい、大きいものだと、20万くらいするとの事。)

オークランドは、ニュージーランドで、一番大きな都市で、380万に住んでいる(総人口の30パーセント)。ここオークランドは、比較的、他のニュージーランドの街と比べ、アジア人が、たくさんいます(オークランドの人口の8分1はアジア人)。


wind


 

 

 

<オークランドの観光スポット>



オークランド博物館ウインター・ガーデン: 博物館では、マオリ族、動植物、昔のオークランドの町並み、戦争にまつわる展示がみれます。オークランドドメインでは、大きな広場が、あり。植物園では、美しい観葉植物など見られます。

ワンツリー・ヒル:オークランドの中の小高い山からの景色を楽しめます。のどかに草を食べる羊や牛もよく見かけます。

ミッション・ベイ:湾岸道路からの港の風景は、美しいのひとこと!オークランドで最も人気のあるミッション・ベイで美味しいアイスクリームを食べればリゾート気分。

オークランド・ハーバーブリッジ:日本の技術力を一躍有名にした「ニッポン・クリッポン」と呼ばれるハーバー・ブリッジ。ブリッジからの景色は圧巻。

イーデン山:オークランドの街のど真ん中にぽつんとある小高い山。360度の景色が楽しめます。

ショッピング・センター:地元の生活水準、生活様式、物価を知るにはショッピング・センターを訪れるのが一番!日本に無い面白い物を発見出来るかも?

ビクトリアパーク・マーケット:昔の焼却場をフリー・マーケット風に改造したユニークな場所。掘り出し物が見つかるかも?

スカイ・タワー:南半球で一番高いタワーで、オークランドのランドマーク。展望台まで上がればオークランド一望。


ウエスト・ヘブン・マリーナ:「帆の街オークランド」の名のごとく、ヨットの多さには圧巻




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

タウポ

タウポは、オークランドから車で、だいたい4時間半かかります。
ここには、ニュージーランドで最大のタウポ湖があります。
この湖では、水上スキーやセイリングなどのウォータースポーツもさかんで、トラウトフィッシングもさかんな所でもあります。
また、冬には、ファカパパスキー場などのスキーもタウポから1時間ぐらいで行く事もできるので、通年のリゾートの場所としても人気のある所です。
 

タウポに来たらまずお薦めは、バンジージャンプでしょう。川の水面から45メートルのジャンプ台です、とても綺麗な川なので思わず飛びたくなってしまうかも、この川でたまに鱒も泳いでるのが見えます!

 banguy




 
そして、次にお薦めは、フカジェット、時速70キロで、飛ばし、360度ターンもやってくれます。そして、あの迫力のあるホカフォールの本当に近くまで、行ってくれるのもうれしい所。
 
 
 
その他の見所の場所は、ホカフォール、ここでは、本当に迫力のある、しかも青く澄んだ美しいホカフォールを見る事ができます。
 
hukua

 
 
その他には、ワイラケイの地熱発電所を見る事ができます。
ここでは、地熱を利用した蒸気タービンをによる発電が行われ、国内の電気消費量の5パーセントに相当する15万キロワットの電気量を生み出してます。
 
それから、タウポでも、スカイジャンプができます。
興味のある方は、挑戦してください。

それから、少しロトルアヘ向かいますが、そこには、ワイマング地熱地帯という地熱地帯の変化に富んだユニークナトレッキングコースを味わう事ができます。ここは、全部歩くと2時間半ぐらいかかりますが、途中で、バス停が2箇所あるので、途中で、疲れたらバスが出ているので、戻る事も可能です。
 
長距離バス(kiwiexperience/magic bus/inter city)
レタカー会社budget/Thrifty 
こちらでタウポの情報が手にはいります。





テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。