ニュージーランド 観光  おすすめスポット


Profile

ニュージーランド 観光

Author:ニュージーランド 観光
Welcome to FC2!



Latest journals



Latest comments



Latest trackbacks



Monthly archive



Category



Search form



Display RSS link.



Link

add link



Friend request form

Want to be friends with this user.



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニュージーランド タクシー

ニュージーランドで流しのタクシーを拾うのは、なかなか難しいので、タクシー会社に電話して来てもらうか、タクシー・スタンドと呼ばれる所(道路上にタクシーがお客さんを待つために作られたエリア)に行くか、ホテルの前で待っているタクシーを拾うことになります。

しかし、タクシー・スタンドやホテルの前に必ずしも停まっているとは限らないので、どうしてもタクシーに乗りたければ電話が一番です。

英語が苦手で、電話はどうもと言う方は、オークランドには、
少ないが日本人のタクシードライバーもいるので、
そのドライバーに直接電話をするのも良い方法です。

さて、タクシー料金だが、タクシー会社によって値段が結構、違ういます。

どのタクシー会社が安いかは、行く場所、距離によって異なる。
ただし、タクシースタンドで待っているタクシーであれば、待っているタクシードライバーに上手く交渉すれば、安く行く事も可能ですが、少し英語力が必要かもしれません。

一般の値段に関して、値段表は、タクシーのドアの所に付いているからそれを確認するといいだろう。

しかし、たとえ初乗りが安くても、距離ごとの値段が高く設定してある会社もあるので、注意した方が良いです
スポンサーサイト

オークランド バス
基本的にバス停で待っているとバスは止まってくれます。
しかし、待合室がある場合などは特にバスが来そうになったら、運転手から目に付く位置で待っている方がいいです。そうしないと、たまに止まらないで、行ってしまいます。
そして、自分が乗りたいバスが来たら、手を上げて運転手に合図を送ってください。ただこの手を挙げるという意味ですが、はずがしがって、はっきり手を挙げてないとたまに、無視されて、通り過ぎて行ってしまいます。
なので、おもいっきり、自分を主張するように、そして、バスの運転手の目を見て、手で合図してください。
扉はバスの前と中央あたりの2箇所にありますが、乗車は前の扉から行います。

バスに乗るときに運転手に行き先を告げます。すると、運転手が料金パネルに入力して金額を言ってくれます。
英語に自信がなかったら、運転手に行き先を書いた紙を見せるとか、地図を見せるのも方法です。
料金を払うと領収書がパネルの横から出てきますので、取り忘れの無いようにしてください。

bus



バスを降りる時は、目的地に近づいて来たら、座席の近くにある降車ボタンを押して運転手に降車したいということを示します。
「次は○○○です。」のような車内アナウンスはございませんので、どのタイミングでボタンを押せばいいのか??困るときもあります。
その時は、あらかじめ運転手に地図を見せるなり住所か道路の名前を言うなどして「○○○で降りたいので、近づいたら教えてください。」
って頼んでおけば、目的地に近づくと「次だよ。」と教えてくれます。
降りるときには運転手に「Thank you driver.」と一声かけてから降りていく人が多いので、
がんばって一声,言って見てください。




ニュージーランド 気候
ニュージーランドの気候

ニュージーランドの気候は西岸海洋性気候に属し、温暖、年間を通してほどよく雨が降り、日照時間がほとんどの地域で長いのが特徴です。
1日の天気の移り変わりが激しく、晴れたと思ったら急に雨になることも多々あります。 気温も1日の間に四季がある と言われるほど1日の中で気温差が激しく、季節を問わず朝・夕は冷え込みます。その為、フード月の暴雨防寒のものがあると便利です。
また、ニュージーランドは南半球にあるため、日本と逆で平均気温は南へ下がるほど低くなっていきます。 季節も逆になり、2月が一番暑いです。特に12月から3月は、日差しが強く、日焼けしやすい人は、日焼け止めクリームは、必ず準備した方がいいです。 それから、6月から8月は、雨風の強い日もありますので、フードつきの防雨防寒のものがあると便利です。雨具も必携です。朝晩は冷えますので、上着類も必要です。重ね着できる服装が便利です。日差しが強い日もありますので、帽子があるといいです

ピハ



四季
1年を通しての気温は日本に比べると温度差が7~9℃と小さく、 真夏・真冬の暑さ寒さは日本ほどではありませんが、四季があります。

下は、オークランドの年間の気候です。


オークランド
     1月最高気温 23、最低気温 16 降水量 64
     2月最高気温 24、最低気温 16 降水量 94
     3月最高気温 22、最低気温 15 降水量 86
  4月最高気温 20、最低気温 13 降水量 114
  5月最高気温 17、最低気温 11 降水量 127
 6月最高気温 15、最低気温 9 降水量 135
 7月最高気温 14、最低気温 8 降水量 137
 8月最高気温 15、最低気温 8 降水量 142
  9月最高気温 16、最低気温 9 降水量 94
 10月最高気温 18、最低気温 11 降水量 107
 11月最高気温 19、最低気温 13 降水量 84
  12月最高気温 21、最低気温 14 降水量 84





 



ニュージーランド ワイン

10年前に、ニュージーランドの全土のワイナリーを周りました。そこで、簡単に
ニュージーランドワインと、私の独断でお薦めワインを紹介します。

nz wineq


オークランドの近くでワイナリーは、クメウ地方や、マタカナ、ワイヒキアイランドが、
有名な地域で、このあたりでは、赤ワインでは、キャベネット・ソヴィニオン
白では、シャルドネが、そこの天候にあったワインです。
この地域で、僕に好きなワイナリーは、Matua Valley やMahurangiEstate です。
ギズボーンは、世界で一番東にあるブドウ栽培地域です。ここでは、シャドネィ
が圧倒的に多いです。「ニュージーランドシャドネィの中心」と自負するほど
シャドネィには自信があるところです。海岸線の平らな土地に、長い日照時間
それに数々の山が西風から守ってくれているのも、この土地の特徴になってます。
私のお薦めは、Waiohika Estate です。
ホークスベイは、ニュージーランド国内で2番目に大きなワイン地域で、古く
からあるワイナリーがたくさんあります。この一帯はいろんな地形に、土の
タイプなので、作られているワインの種類もいろいろです。シャドネィが一番
多いけれど、日照時間が長いこともあって、熟すのに時間がかかるキャベネッ
ト・ソヴィニオンやムロー、キャベネット・フランクやシラーなんかの赤ワイ
ンも人気です。僕のお薦めのワイナリーは、NZでの最初にワインメーカーの
mission、それからTeMAT estseのワインも少し高いですが、おいしいでです。
それから北島の南の地域には、マーティンボローといわれる地域が、ありここ
のワインもおいしいです。ここでの有名なワインは、赤のピノノアです。
ここの地域には、日本人で、ワインを作られている、楠田さんのワインもあり
ます。ここでの僕のお薦めは、ATARAGI MARTINBOROUです。とてもスタッフの
方が、親切に対応してくれます。
南島の北にあるマールボロは、ニュージーランドで一番大きくて、いちばん有
名なワインの産地です。世界的に注目されているマールボロのワインの中でも
、特にソヴィニオン・ブロンクは、刺激が強くて、とてもフルーティな味わい
で、有名です。このワインにより、ニュージーランドワインが、世界中に認め
らたともいわれています。マールボロは、ニュージーランドの中で、とったも
陽当たりの良い地域の一つに挙げられていて、その日中の暖かさと、夜の涼し
さのギャップが、マールボロワインの独特な味を作ってます。ここでの僕のお
薦めは、LOWSON;S DRY HILLS WINERY。それから、ロードオブザリングで有名
になった、CLOUDY BAYもお薦めです。
ネルソンは、南島の一番北の地域。西にある山が、雨を蓄えてくれ、海岸線は
穏やかな気温を保ってくれています。そうした涼しい環境でも育つ、シャドネ
ィやソヴィニオン・ブロンク、レーズリングやピノノアーが、この地域のワイ
ンの80%以上を占めています。私のお薦めは、Richmond Plains です。
カンタベリー地域は、それをまた二つの地域に分けることが出来て、クライス
トチャーチ、そしてもう一つがクライストチャーチの北へ車で一時間程のとこ
ろにあるワイパラ。どちらも平原地帯です。長く乾燥した夏に、豊富な太陽の
光、そして、比較的涼しい栽培環境が、この二つの地域の特徴です。でも、
ワイパラは、低い丘で海岸地域から遮られた状態になっているので、かなり
暖かくなることもあります。シャドネィやピノノアーが、最も多く栽培されてい
る品種で、合わせるとこの地域で栽培されている葡萄の60%くらいになります。
僕のお薦めのワイナリーは、Daniel SchusterとPegasusのワイナリーです。
中央オタゴは、世界で一番南にあるワインの生産地。この地域は、ワインの生産
地としては比較的新しくて、最近、急に大きくなってきています。ピノノアーが
一番人気です。僕のお薦めは、Black Ridgeです。オークランドの写真です

ニュージーランド 食べ物
ニュージーランドにはみんなに誇るほどのすばらしい料理はないです。
 それもそのはず、ニュージーランド人の多くは、ヨーロッパではもっとも食に対するこだわりが低いイギリスから来ているからです。
 名物といえば、Fish and chips(フィッシュアンドチップス)が第一に挙げられるでしょう。これはフライドポテトと白身魚のフライで、小さな町でも1つはこのFish and chipsを売っている店があります。値段はとても安く、$4も出せば食べきれないくらいの山盛りのポテトと白身魚のフライがざっと新聞にくるまれて出されてくるでしょう。
 名物の二番手はパイです。ニュージーランドにはアップルパイなどのパイもありますが、主に食べられているのはミートパイです。これもFish and chipsの店に売られていることが多いです。
 名物とはいえませんが、サンドイッチもよく食べられるものの1つです。これもFish and chipsと共に売られています。
 このFish and chips、ミートパイ、サンドイッチそれにハンバーガーを加えた4つがニュージーランドの昼食の典型です。
特にサンドイッチはもっともよく食べらていて小中学生の弁当はみんなこれだといっても過言ではありません。
 夕食はどうでしょうか。やはり、昼食と同様、わりと簡単に済ませるようで、一般的なニュージーランドの夕食といえば、温野菜のサラダとステーキにソースをざっとかけただけの1皿で終わる感じです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。